bib overalls
-vat dyed denim-
lot.0-45V

30,800円(本体28,000円、税2,800円)

COLOR
SIZE
購入数

bib overalls
-vat dyed denim-

-11oz original vat dyed denim -

堅牢度が高く色落ちがほぼ出ないバッドダイの11オンス・デニム生地を使用したBIBオーバーオール。
STABILIZER GNZからは胸当ての無い"waist overall"やレングスの短い"shortall"のリリースはありましたが、胸当てが付いたフルレングスという、おそらくオーバーオールとして最もポピュラーな"bib overall"は初の提案です。

バットダイは化学染料によって藍染に見せたもので、60年代後半から80年代迄のカバーオールやペインターパンツ等、ストアブランドのワークウェアなどによく使われていた染色方法です。
洗うと青みが表れ、それが薄れ白くなっていく一般的なデニム生地とは異なり、長い間色味を維持したまま着用出来るようにインディゴ染色のような風合いを表現しつつ色落ちが出にくいことが特徴。
STABILIZER GNZが手掛ける"vat dyed denim"は、経糸/インディゴ、緯糸/グレーとし、ステッチワークはブラックと落ち着いた雰囲気に仕上げています。
また、春夏に重さや暑さを感じさせない11オンスの程良い軽さも特徴です。

背中側に布が付いておらず肩紐がウエスト後ろ部分から吊ってあるサロペットタイプとなっており、その肩紐が交差(クロスバックタイプ)します。
肩紐のウエスト部分の取り付けにはボタンを用いず、リベットと縫製にて取り付けた特徴的なディテールも見どころです。
たっぷりとしたオーバーオールらしいシルエットながら、以前リリースされたショートレングスの"shortall"に比べワタリを少し細く調整し、フルレングスとして着合わせやすく仕上げています。
フルレングスですので同素材を使用した"stand collar jacket"をインナーとしたセットアップはツナギのようにもなり、またその他"vat dyed denim"でリリースされたトップスとの組み合わせも楽しめそうです。

STABILIZER GNZのデニムは、生地から縫製までデニムの産地である岡山にて伝統的な製法でつくられています。
着用と洗濯を繰り返すことで経年変化が生み出す風合いと雰囲気は、数々のデニムを着込んできたユーザーの期待にも応えてくれるはずです。
パッチやボタン・リベット・バックポケットに配されたブランドロゴ、腰回りのステッチワーク、ハンドポケット等、すべて直線を基調としたデザインとなっています。
これらは360度どこから見てもSTABILIZER GNZであることが分かるオリジナリティ溢れるディテールですが、決して着合わせの邪魔はせず、様々なスタイリングに溶け込んでくれます。


モデル :
167cm 57kg / W40-L30
SHIRTS :
Riprap / SEMI OPEN COLLAR SHIRTS / NATURAL / S size

-SET UP-
stand collar jacket -vat dyed denim- / C-38
素材 cotton 100%
取り扱いサイズ waist-40,42,44inch (length-30inch)
カラー indigo
サイズ表 W40-L30 :
ウエスト 105cm / 股上 40cm / 股下 77.5cm / もも周り 75cm / 裾周り 53cm
W42-L30 :
ウエスト 110cm / 股上 40.5cm / 股下 77.5cm / もも周り 77cm / 裾周り 54cm
W44-L30 :
ウエスト 115cm / 股上 41cm / 股下 77.5cm / もも周り 79cm / 裾周り 55cm
注意事項
関連商品 stand collar jacket
-vat dyed denim-